新潟で試される新しい太陽光発電

一昔前までの太陽光発電なら、おそらく雪国での発電は難しかっただろうと思います。
もちろん、雪国でも冬以外の時期なら発電をすることができたでしょうが、それではなかなか一昔前の高価な太陽光発電システムの導入費用を回収することはままならなかったことでしょう。
そのために、北日本や雪の多いところでは太陽光発電は不向き、というイメージが出来上がってしまったのだと思います。
けれど、それから時は流れて、今では雪国で力を発揮する太陽光発電システムが出来上がりました。
雪国を想定して作られた太陽光パネルは、その設置には雪が滑り落ちる角度で、という雪国ならではの必要性を考慮して行われます。
太陽光発電というのは、温度が上昇すると働きが鈍るため、むしろ気温が低いところの方が適しているとさえ言われます。
最近の進んだ太陽光パネルと設置技術があれば、新潟のような雪の多いところでも年間を通して発電をすることが可能になりました。
日本海側に面した地域も太陽光発電には不利と言われますが、雪国でも発電できる太陽光パネルを搭載すれば、そんな条件もまったく問題ではなくなるのではないかという気がします。
雪の中でも発電する新潟の太陽光発電システムなら、曇りの日や雨の日も多少は電気を作ることができますから、設置してもまったく電気が作れないということはないと思われます。
新潟市では太陽光発電システムの導入に補助をしていますから、太陽光発電技術の進歩が成し遂げた結果だと思います。