太陽光発電はどのくらい長持ちするのか

太陽光発電を導入したいのだけど、どのくらい長持ちするのか知りたいという方は多いのです。
というのも太陽光発電をせっかくコストをかけて導入しても直ぐに買い換えをしなくてはいけないのではコストが合わないからです。
太陽電池は太陽の光を直接電気に変えるので単純な仕組みとも言えます。
ですから長寿命です。
実際に30年以上も変わらず働いている太陽光発電もあるくらいです。
普通太陽電池モジュールに使われるシリコンの太陽電池シリコンは固く丈夫にできているのでほとんど劣化することはありません。
ですからモジュールの寿命はシリコンの寿命ではなくてセルや電気回路を外の環境から守っているガラスや金属の部品で決まるのです。
普通の太陽光発電のシステムの寿命は25年ほどあると言われています。
メーカーが保証期間として設けているのは10年ほどです。
ガラスなどが劣化することによってモジュールの出力はだんだん落ちてきてしまいます。
でも20年ほど使っても90%ほどの発電量は出すことができるのです。
ただしモジュール以外のパワーコンディショナなどの周辺の機器は10年ごとにメンテナンスが必要な場合もあります。経年劣化については各メーカーが実際に近い使用環境に長期間おいて調べています。
こうした調査で水が入りにくくする研究をしたり変色や傷に強いガラスの開発などをしています。
また太陽光発電は故障もしにくいものです。
モジュールは基本的に故障しませんがパワーコンディショナなどの電気機器は故障してしまう可能性もあります。
でもこうした故障はその故障部分のみを交換することで元に戻ります。
ただし、モジュールのガラス部分が汚れてしまったり傷がついてしまうと発電量が落ちてしまうことがあります。
鳥の糞などでガラスが汚れて影になってしまったり台風などの影響でガラスに傷がついてしまうと発電量が大きく落ち込んでしまうことがあるのでやはり清掃やガラスの交換などが必要になるのです。