太陽光発電の仕組みを知って家族で導入

太陽光発電に関心を持つ人が増えています。
クリーンで二酸化炭素を発生させない発電方法は環境に関心を持つ人たちに大きく支持されています。
でも勘違いされていることも多いようです。
太陽光発電は24時間発電できる、とか電気を貯めておいて夜に使えると考えている方もいます。
メンテナンスいらずでどのような屋根にも取り付けられると思っている方もいます。
まずは太陽光発電の仕組みを知ってできることとできないことを理解することが導入にあたってはとても大事です。
太陽光発電の中には太陽電池がありますがこの電池は乾電池などと同じ仕組みなのでしょうか。
普通電池というと乾電池のように電池が貯めておけるシステムを思い浮かべます。
そして使いたい時にそのエネルギーを取り出して使えるというものです。
でも基本的に太陽電池はこのような乾電池と違い貯めておくことができません。
太陽光発電システムは電池というよりも発電機と言ったほうがぴったりきます。
つまり、太陽光発電は太陽の光を浴びている日当たりのいい日中は発電することができますがその電力を貯めておいて夜間使うということはできないのです。
もし日中余った電力を貯めておきたいのであれば太陽光発電システムの他に蓄電のシステムを導入しなくてはいけません。
実際にこうした蓄電のシステムを導入した独立系の太陽光発電もあります。
けれど一般的には太陽光発電は貯めておくことができないのです。
確かに太陽光発電は貯めては置けませんがそれを補って余りあるメリットがあります。
それは日中余った電力を電力会社に売電できるということです。
売電した量をモニターで細かくチェックすることができますし、今自分が使用している電力量も見ることができますので節電に対して関心が出てきます。
頑張れば使用電力量を売電量が上回ってプラス会計を目指すこともできるかもしれません。
家族全体で節電に関心を持つことができるのが太陽光発電の仕組みのメリットなのです。